ハイドロキノンで簡単に脇の黒ずみが解消できる??

ハイドロキノンで簡単に脇の黒ずみが解消できる??

 

 

脇の黒ずみにコンプレックスを持っている人なら「ハイドロキノン」については聞いたことがあると思います。

 

ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれる美白効果の非常に高い成分になります。

 

しかしあまり知られていませんが、その効果の高さゆえに副作用があるのも事実なのです。

 

こちらのページでは脇の黒ずみへの美白効果とその副作用について詳しく解説していきます。

 

もしハイドロキノンで脇の黒ずみやメラニン沈着を解消しようとご検討中の方は是非チェックしてみてください。

 

 

そもそもハイドロキノンってなに??

 

そもそもハイドロキノンとは、イチゴやブルーベリー、コーヒーなどにも含まれる物質で、皮膚を紫外線などによる損傷から守ってくれる作用を持っています。米国では医薬品としてその美白効果が認められ、多くの患者さんに皮膚の漂白目的で治療薬として使用されています。

 

日本では2%までの配合が厚生労働省により許可されているため、市販の化粧品にも含有されたものが販売されています。

 

それ以上の濃度のハイドロキノンは病院での処方が必要となります。

 

ただし、5%の濃度のハイドロキノンは動物実験で発がん性が指摘されており、現在ヨーロッパでは使用が禁止されている国もあります。

 

 

ハイドロキノンの効果

 

ハイドロキノンはメラニン合成酵素であるチロジナーゼの阻害剤であり、さらにメラニン色素を作るメラノサイトに対して細胞毒性があります。

 

つまり、しみの原因であるメラニン色素を作らせなくする漂白剤です。

 

一般的にほとんどのシミは、表皮の一番深い層(基底層)周辺にメラニン色素が沈着しています。

 

この層にはメラノサイトと呼ばれるメラニンを作る細胞があります。このメラノサイトの活性を抑制し、メラニンの産生を抑制することとがハイドロキノンの働きの一つになります。

 

また、メラノサイトの中でチロシンという物質からメラニンが作られる過程をブロックすることでメラニン自体を減少させる働きがあります。ハイドロキノンは強い漂白作用を持ちますが、濃度や投与量が多くなると刺激性皮ふ炎を生じやすくなり赤みやかゆみを伴うことがあります。

 

 

ハイドロキノンの副作用と注意点

 

ハイドロキノンは上記しているように、濃度や投与量が多くなると、人によってはかぶれたり、刺激が伴うことがあります。

 

非常にお肌に強い成分になるので、赤みや刺激が強い場合は使用を中止し、早急に医師に相談してください。

 

長期間使ったり濃度の高いものを使うと色素を作る能力を失った部分の色素が抜け落ちたようになり白い斑点のようなものが出来、いわゆる白斑と言われる症状を引き起こす可能性もあります。

 

ハイドロキノンを使うとそれまで堆積していたメラニンが除去されます。

 

しかしメラニンとは本来肌を紫外線から守るという役割があり、それが無くなるので紫外線からの肌ダメージには極端に弱くなってしまいます。

 

ハイドロキノンを使った箇所に紫外線が当たると逆に黒ずんでしまう可能性もあるので注意が必要になります。

 

ハイドロキノンの使用する際の注意点
用量用法・使用頻度を守って使う
使用した際は紫外線からのダメージに細心の注意を払う
濃度・投与量には注意し、高濃度で使いたい場合は医師に相談する

 

黒ずみにハイドロキノンを使うのであれば・・・

 

ハイドロキノンで脇の黒ずみケアをするくらいであれば、しっかり専用にと製品化されている脇の黒ずみ解消ケアアイテムを使うことをおすすめします。

 

今なら180日間の全額返金保証がついていますので安心にお試し頂けます^^

 

>>アットベリー公式サイト<<

薬用アットベリー