シミ・黒ずみのなりやすさにはタイプ別があった!?

シミ・黒ずみのなりやすさにはタイプ別があった!?

 

 

夏も過ぎて、秋の到来とともに日焼けで受けたダメージがシミ・黒ずみになっていませんか??

 

「なぜシミや黒ずみが出来るんだろう・・・。」と考えてたときに、【紫外線】がぱっと頭に浮かぶ人は少なくないかと思います。

 

はい、それは間違いないです。

 

そこで起きるのは、そこにある皮脂の炎症でその炎症の起こり方によってシミ・黒ずみは決まるのです。ある程度の年齢に到達すれば、どんな人も自分の肌質については意見があるものかと思います。

 

日焼けの仕方や残り方、回復の仕方はみんなそれぞれ違うのですが、それは自分の出す皮脂の種類が決めてになるのです。そして、使っている化粧品などにも油がはいっていれば、皮脂と化粧品油のコンビネーションで炎症を起こしやすいかどうかは決まります。つまり言葉を変えると、火が付きやすい油なのかどうか、が日焼けをシミ・黒ずみにするかどうかの重要なカギを握っているのです。

 

人それぞれによって体質も肌質も、もちろん皮脂の種類もほぼ決定します。お肌だって、水分保持がうまくいっててしっとり肌なのか、皮脂のほうが多くて油ギッシュなオイリー肌なのかで、太陽の下ではすぐに赤くなっちゃうタイプと、気付くとすでに真っ黒タイプに分かれます。

 

油がいっぱいですぐに日焼けして戻る人もいれば、じっくり日焼けしてゆっくり戻っていく人、キメも細かくてすぐに赤くなって日焼けの炎症はすぐに対処しないと残りやすい人、もち肌で、日焼けで真っ赤になってシミは残る人もいます。ざっとこの4つのタイプに分ければ自分がどこに近いかはわかるかと思います。

 

このタイプ別によってお手入れ方法も変えるとよりいいかと思います!黒ずみ・ブツブツには専用のケア用品でお手入れするのが一番おすすめになります^^

 

 

>>アットベリーは本当に効果あり??口コミ徹底検証!!|TOPページ<<