アットベリーはワキだけじゃなくデリケートゾーンにも使えるの!?

アットベリーはワキだけじゃなくデリケートゾーンにも使えるの!?

 

アットベリーの配合成分

 

アットベリーには、保湿成分や美白成分、肌荒れ防止成分、収れん成分そしてにおいケア成分など多数の成分が含まれています。

 

 

6種類の保湿成分

 

まず保湿成分としてはセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、トレハロース、アロエエキスの6種類が含まれています。セラミドは角質層にある細胞間脂質を形成する主な成分です。保湿とともに、外からの刺激から肌を守るバリア機能に優れています。

 

コラーゲンは真皮層に存在し、肌に弾力やみずみずしさを生み出すタンパク質の一つです。ヒアルロン酸も真皮層に存在し、肌の弾力や潤いを保ちます。エラスチンはコラーゲンの繊維と繊維をつなぐ働きをします。伸縮性があり、肌を柔らかくしてくれます。トレハロースはきのこや酵母などに含まれている糖で、高い保湿力と抗炎症効果を持ち、肌細胞を乾燥から守ります。アラントインは穀物の胚芽やタバコの種、コンフリーの根などに存在し、新しい皮膚の再生を促します。

 

5種類の美白成分

 

次に、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ美白成分としては、プラセンタ、グリチルリチン酸2K、甘草フラボノイド、トウキエキス、エイジツエキスの5種類が入っています。プラセンタには皮膚のもとであるアミノ酸やタンパク質その他あらゆる栄養素がつまっていて抗酸化作用に優れ、新陳代謝を促進することで、黒ずみの原因となるメラニン色素の排出を促します。

 

グリチルリチン酸2Kはマメ科の甘草に含まれる成分です。甘草は昔から薬用植物として重宝されているものです。肌のキメを整える作用に優れています。甘草フラボノイドはやはり甘草の根に含まれる成分で、メラニン色素のもととなるチロシナーゼの活性を抑えます。ビタミンC誘導体と並んで2大美白成分と言われる優れものです。

 

トウキエキスはセリ科の根に含まれます。メラニン色素の生成を抑え、血行促進や保湿の効果もあります。エイジツエキスというのは野生のバラの果実から採ったエキスで、美白効果や保湿効果に優れています。

 

 

5種類の整肌成分

 

上記以外にも肌荒れを防止し、肌を整える植物成分が5種類入っています。アロエエキスとシャクヤクエキス、人参エキス、クララエキス、ワレモコウエキスです。アロエは昔からけがや火傷の時に使われてきました。保湿や美白の効果もあります。

 

シャクヤクの根から抽出したシャクヤクエキスは、保湿効果の他に抗炎症効果や血行促進、美白効果などが期待できます。人参エキスは高麗人参の根から抽出したもので、昔から万能薬として重宝されてきました。美容面では保湿、新陳代謝の促進、肌荒れ防止などの効果があります。

 

クララエキスはマメ科の植物クララの根から抽出したもので、美白効果、抗菌作用、血行促進作用などがあります。ワレモコウエキスはワレモコウの根や根茎から抽出したもので、抗菌作用に優れ、ニキビや肌荒れを改善します。

 

 

2種類のニオイケア成分

 

アットベリーには、上記の美肌成分に加え、桑エキスと天然ビタミンEという2種類の消臭成分も含まれています。脇やデリケートゾーンのケアにはとても嬉しい成分です。桑エキスは桑の根を乾燥させて抽出したエキスで、美白効果が高いうえに抗菌効果に優れ、雑菌の繁殖と臭いを抑えます。

 

ビタミンEは、別名「若返りのビタミン」と言われ、大きな抗酸化力を持ち、ターンオーバーを促進します。このように、アットベリーはお肌を美しく再生させるための成分の宝庫と言えます。

 

 

実はデリケートゾーンが黒ずむのはワキが黒ずむ理由と同じ!

 

実はデリケートゾーンが黒ずむのは、ワキが黒ずむのと同じ理由なのです。黒ずみには以下のような理由があります。

 

 

刺激や摩擦

 

頬や膝は机や床によくあたることで血行が悪くなり、黒くなってきます。同じく脇の下やデリケートゾーンは、衣服によってこすれたりタイツで締めたりすることが原因で黒ずみます。またかみそりやワックスなど、自己流でムダ毛の処理をするのも大きな刺激になります。すると肌を守るためにメラニン色素が作られ、黒ずみになってしまうのです。

 

 

乾燥

 

肌の乾燥が進むとターンオーバーが乱れ、新しい肌細胞に生まれ変わるのが遅くなり、皮膚が硬くなってしまいます。

 

 

食生活の乱れ

 

できあいのものを食べることが多いと、良質なタンパク質やビタミン類など皮膚を作るのに必要な栄養が行き渡らずに肌が黒ずんできます。また寝る前に食事をすると、寝ている間に進むはずのターンオーバーに必要なエネルギーが食べ物の消化のために使われてしまい、肌の再生が十分にできなくなります。

 

 

加齢

 

加齢によってヒアルロン酸やコラーゲンなどが減ってきます。すると弾力が失われ、透明感が失われます。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみにお悩みならアットベリーがおすすめ♪

 

このように、デリケートゾーンとワキの黒ずみは同じ理由で起こります。ですから、同じケアで、両方の黒ずみを解消することができるのです。

 

アットベリーには、上述したように、自然由来のすばらしい保湿成分、美白成分、整肌成分、ニオイケア成分が豊富に含まれていますから、ワキやデリケートゾーンだけでなく、お顔にもとても嬉しいものだとお分かりになると思います。しかもアットベリーは、もともと敏感肌用の美容美白ジェルとして開発され、合成香料、合成着色料、アルコール、鉱物油、パラベンは一切使われていません。

 

ですから、デリケートゾーンにも安心して使えるということです。保湿効果に優れ、肌触りはべたつきません。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみにお悩みなら、今すぐアットベリーを試されるのをおすすめします。

 

 

>>アットベリーについて詳しい情報はコチラ