アットベリーを使えばニキビにも効果的って噂についての見解

アットベリーを使えばニキビにも効果的って噂についての見解

 

アットベリーの配合成分はどんなもの?

 

ワキや二の腕、ヒザなどの黒ずみが気になって、丈の短いスカートや半袖の服を着るのが憂鬱という女性は少なくありません。そんな嫌な黒ずみや二の腕にできるブツブツを解消してくれると話題なのがアットベリーです。

 

でもこのアットベリー、一体どんな成分が配合されているのでしょうか。ワキやヒザの黒ずみは刺激から肌を守るために生成されたメラニン色素によるものです。アットベリーはデリケートで刺激を受けやすい肌を外から守る働きと、できてしまったメラニン色素をスムーズに排出する成分を配合しています。

 

肌の角質層まで深く浸透するナノ化されたコラーゲンとオリゴヒアルロン酸、肌の表面で留まり外から集中ケアしてくれる高分子ヒアルロン酸、そして乾燥から肌表面を守るベールの働きを持つ高品質のセラミドやエラスチンを配合、独自のトリプルサンド方式ケアで黒ずみを生じやすい肌を中と外から効率よくケアしてくれるのです。アットベリーにはその他にも美肌成分を満載しています。

 

肌の新陳代謝を活発にして、できてしまったメラニン色素の排出を促してくれるプラセンタ、肌の炎症を抑えた上でキメを整え、健康な肌を保つ働きのあるグリチルリチン酸2K、肌の黒ずみの進行を抑える働きを持つ甘草フラボノイドを配合することにより、黒ずみを解消した後も白くみずみずしい肌をキープしてくれるのです。

 

また雑菌の繁殖を防ぐ桑エキスや肌の老化を防ぐ天然ビタミンEも配合しているので、あらゆる肌のトラブルに対応できるのも魅力になっています。

 

 

肌の悩みの一つ、ニキビはどうしてできるの?

 

A:黒ずみなどと並んで肌の悩みとしてあげられるのがニキビです。顔の他背中やお尻にもでき、汚らしく見える上に跡が残ることもあるので厄介な存在です。そんなニキビはどうして発生するのでしょうか。どこにできるニキビもその原因は毛穴の詰まりであり、その毛穴を詰まらせているのが過剰に分泌された皮脂なのです。

 

皮脂自体は肌の保湿に必要なものなのですが、思春期の不安定なホルモンバランスやそれ以降の不規則な生活やストレスによるホルモンバランスの乱れ、動物性脂肪や糖質の摂り過ぎ、そしてビタミンが不足した栄養の偏りの激しい食事により過剰に生成され分泌されるようになると、毛穴を詰まらせ炎症を起こし、ニキビとなって現れてしまうのです。

 

ニキビの改善にはこれらの原因の緩和の他に正しいスキンケアが必要ですが、その方法としてアットベリーを使うことが一部で話題となっています。

 

 

ニキビには専用美容液を使う方が近道になる

 

肌の黒ずみの他、美白や潤いにも効果のあるアットベリーは肌の悩みであるニキビにも効果があるという声が一部であるようです。

 

確かに適切な保湿と炎症の抑制、雑菌の繁殖の抑制はニキビ対策にも重要なので全く効果がないということはありません。

 

しかしニキビは跡が残る場合が多く、昔出来たニキビ跡もニキビ同様目立つものです。アットベリーは刺激により絶えず発生している黒ずみには効果が高いのですが、昔のニキビ跡のように肌に沈着してしまった色素の改善には効果が薄い傾向があります。

 

ニキビ専用の美容液などにはこのように沈着したしつこい色素を改善してくれる成分が含まれている製品が多く存在します。ワキやヒザの黒ずみ、二の腕のポツポツのついでに少しニキビを改善したいという場合には便利ですが、今までできたニキビの跡が気になるという場合にはニキビにターゲットを絞った専用美容液の方が早く確実に効果を発揮してくれます。

 

どんなに良いスキンケア製品でも使う方の体質や改善したい悩みによって効果の出方は変わってきます。自分の目的に合ったスキンケアアイテムを選び、自信をもって見せられる肌を目指しましょう。