【徹底検証】アットベリーVSイビサクリーム|買うならどっち!?

【徹底検証】アットベリーVSイビサクリーム|買うならどっち!?

 

黒ずみが恥ずかしくておしゃれを楽しめない、周りの視線が気になる、こんな悩みを抱えていませんか。体の黒ずみは専用の化粧品でケアを続けることで、透明感のある肌に近づくことが期待できます。

 

黒ずみケア用の医薬部外品が「アットベリー」と「イビサクリーム」です。どちらも多数のメディアで紹介されたり、多くの方から喜びの声をもらっています。アットベリーもイビサクリームも高い評価をされているので、どちらを購入しようか迷ってしまいますよね。では、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

 

 

アットベリーはこんな商品

 

黒ずみの原因は肌の乾燥と脱毛や衣服の摩擦などの刺激です。乾燥をすると肌の生まれ変わりが滞り、古い角質が蓄積をします。古い角質は黒っぽくゴワゴワとしています。脱毛などの刺激を受けると、肌を守ろうとメラニンが生成されます。メラニンがたまることで黒ずみになります。そして、刺激で肌が弱ってしまいます。

 

黒ずみで悩んでいる肌は乾燥をして弱っているので、内側と外側から同時にケアをする必要があります。アットベリーは内側と外側から同時にケアを行い、さらにベールで肌を保護します。黒ずみ肌は角質が厚くゴワゴワしているため、美容成分が浸透しにくい状態になっています。しかし、アットベリーに配合されているナノ化成分なら、スーッとなじみがよいです。

 

 

高分子ヒアルロン酸などはあえて成分の分子を大きな状態にしています。大きな分子の成分は肌表面にとどまって潤いを与えます。

 

そして、セラミドやエラスチンなどが肌をベールのように覆ってバリアの役割をします。刺激対策も完成です。アットベリーには、内側と外側からケアする成分とベールの役割をする成分がギュッと凝縮されています。美容成分の配合量は97.8%です。

 

黒ずみが悩んでいる肌は乾燥をして敏感になっています。だから、肌への優しさにもこだわり、7種類の成分が無添加です。アットベリーの使い方は簡単で、1日2回気になる場所に塗るだけです。ケアを続けて透明感のある肌へと導きます。

 

 

イビザクリームはこんな商品

 

イビサクリームの特徴は3つです。

 

1つめは2種類の美白成分を配合していることです。

 

黒ずみに働きかける成分がトラネキサム酸です。トラネキサム酸は医薬部外品の美白成分として指定されています。メラニンの生成を抑制して黒ずみを防ぎます。黒ずみができる肌は肌荒れを起こしやすい状態になっています。荒れた肌を整えて透明感のある肌に近づける成分がグリチルリチン酸2Kです。この2つの成分が黒ずみに働きかけます。

 

 

2つめの特徴は植物成分を配合していることです。

 

イビサクリームには4種類の植物成分が配合されています。これらが美白をサポートします。

 

 

3つめは厳選された8種類の保湿成分を配合していることです。

 

黒ずみ肌は乾燥をしています。8種類の保湿成分が潤いを与えて肌の状態を整えます。

 

そして、肌への優しさを考えて5つの無添加です。イビサクリームを朝と夜の2回塗るだけ。気になる部位の黒ずみに働きかけます。

 

 

判定・・・、アットベリーの勝利!

 

おすすめはアットベリーです。理由は3つあります。

 

1つめは美容成分が高濃度配合されていることです。アットベリーは97.8%も美容成分を配合しています。たっぷりの美容成分が内側と外側から働きかけます。

 

2つめは肌に優しいことです。アットベリーは7種類の成分を配合していません。一方、イビサクリームは5種類とアットベリーよりも無添加の成分の数が少ないです。

 

3つめはお得に購入できることです。アットベリーは公式サイトからお得に購入できます。黒ずみを改善するには毎日使い続けることが大切なので、お得に購入ができるとうれしいですよね。そして、180日間の返金保証もあります。

 

 

>>アットベリーについて詳しい情報はコチラ