【徹底検証】アットベリーVSハニープラセンタ|買うならどっち!?

【徹底検証】アットベリーVSハニープラセンタ|買うならどっち!?

 

シミ・くすみ・ごわつき肌、こんな悩みを抱えていませんか。透明感がある肌やしっとり潤いのある肌を手に入れるためには、毎日丁寧にケアをすることが大切です。肌の悩みに適した化粧品を使用することで、高い効果が期待できます。黒ずみやごわつきに悩んでいる方をサポートする化粧品が、「アットベリー」と「ハニープラセンタ」です。では、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

 

 

アットベリーはこんな商品

 

「ノースリーブを着ても気にならない」「おしゃれが楽しい」使った人はこんな変化を実感している医薬部外品がアットベリーです。ワキの黒ずみ・ブツブツに悩む方をサポートします。

 

ワキの黒ずみやブツブツの原因は乾燥と刺激です。黒ずんでいる肌は乾燥をして肌の力が低下をしているので、保湿をして肌の力をサポートすることが大切です。しかし、ただ保湿をするだけでは不十分です。内側と外側から同時にケアをしなければならないのです。

 

アットベリーは内側に潤いと届け、外側から潤いで満たし、与えた潤いをベールで包み込む「トリプルサンド方式」を採用しています。肌の内側に働く成分が、浸透性コラーゲンやオリゴヒアルロン酸などナノ化した成分です。ナノ化した小さな成分が肌にスーッと浸透をします。

 

高分子ヒアルロン酸などは、あえて分子を大きくして肌表面にとどまるようにしています。肌表面を覆って潤いで満たします。与えた潤いは閉じ込める必要があります。セラミドやエラスチンなどが肌をベールのように包み込んで、潤いを守ります。これらの成分がぎゅっと凝縮されたアットベリーは、美容成分97.8%でできています。アットベリー独自のトリプルサンド方式で、気になる黒ずみやブツブツにアプローチをします。

 

 

ハニープラセンタはこんな商品

 

「カサカサしない」「肌がツルツル」こんな声をもらっている美容液がハニープラセンタです。年齢肌に悩む方をサポートします。ハニープラセンタには4つの美容成分が配合されています。

 

1つめは馬プラセンタです。

 

プラセンタとは動物の胎盤のことで、アミノ酸・ビタミン・ミネラル・脂質・糖質・成長因子など、美容に欠かせない成分が含まれています。馬プラセンタには豚プラセンタの数十倍のアミノ酸が含まれているといわれています。ハニープラセンタには、北海道サラブレッドから抽出したプラセンタを使用しています。

 

 

2つめはハチミツです。

 

ハチミツにはビタミンB2、ビタミンB6、酵素など美容をサポートする成分がさまざま含まれています。保湿作用も期待できます。

 

 

3つめはハチの子エキスです。

 

イタリア産のミツバチから得られるハチの子エキスには、ローヤルゼリーの300倍もの成長因子が含まれているといわれます。成長因子は肌代謝を促進する注目の成分です。

 

 

4つめは出雲の温泉水です。

 

出雲の温泉は日本の三名泉の一つとされています。美人の湯として知られています。

 

 

これらの成分を配合したハニープラセンタは、年齢に負けないぷりぷりの肌に導きます。

 

 

判定・・・、アットベリーの勝利!

 

ワキの黒ずみやブツブツに悩む方にはアットベリーがおすすめです。

 

アットベリーはワキの黒ずみやブツブツ対策を考えて作られていますが、ハニープラセンタは主に年齢肌のケア用として作られています。肌の状態にあったケア用品を使うことで、よりきれいな肌に近づきます。黒ずみに悩むなら、黒ずみ肌のことを考えたアットベリーがよいでしょう。

 

 

アットベリーは保湿成分をたっぷりと配合していることもおすすめの理由です。アットベリーには6種類もの保湿成分が配合されています。複数の保湿成分が肌の内側と外側を潤いで満たします。満足度もアットベリーの方が高いです。アットベリーの満足度は93.1%、ハニープラセンタは91.8%です。アットベリーの方が高い評価をもらっています。

 

 

>>アットベリーについて詳しい情報はコチラ