【徹底検証】アットベリーVSホスピピュア|買うならどっち!?

【徹底検証】アットベリーVSホスピピュア|買うならどっち!?

 

ワキの黒ずみを気にして隠していませんか。ノースリーブなどを着ておしゃれを楽しみたいですよね。そんな方をサポートする医薬部外品が、「アットベリー」と「ホスピピュア」です。どちらも口コミで高評価を得ています。どちらも評価が高いと、どちらを選んだらいいのか迷いませんか。それぞれ、どのような特徴があるのでしょうか。

 

 

アットベリーはこんな商品

 

女性2359人に行ったアンケートで5冠を達成している医薬部外品がアットベリーです。93.1%が満足、おしゃれを楽しめるようになりました、肌がツルツルに、こんな声をもらっています。アットベリーは美容成分をたっぷりと配合しています。97.8%が美容成分でできています。

 

黒ずみに働きかける成分が5種類の美白成分です。プラセンタ・グリチルリチン酸2K・甘草フラボノイド・トウキエキス・エイジツエキスがメラニンに働きかけて、黒ずみの改善をサポートします。乾燥は黒ずみの原因になります。そのため、メラニンに働きかけるだけでなく、保湿をすることも大切です。

 

 

アットベリーは6種類の保湿成分を配合しています。ヒアルロン酸やセラミドなどが、もっちり潤いのある肌に導きます。さらに、5種類の植物成分と臭いケア成分まで配合をしています。黒ずみだけでなくワキは臭いも気になりますよね。アットベリーなら黒ずみも臭いも同時にケアができます。

 

 

しかも、これらの成分は内側と外側から同時にケアをします。アットベリー独自のトリプルサンド方式で、肌の内側と外側からアプローチをします。低刺激であることもアットベリーのこだわりです。着色料・シリコン・紫外線吸収剤・パラベン・鉱物油・アルコール・石油系界面活性剤は配合していません。日本国内の工場で安全・安心に配慮して製造されています。

 

 

ホスピピュアはこんな商品

 

口コミサイトくすみケア部門第1位を獲得、94.1%が体感をしている医薬部外品がホスピピュアです。とっても気に入っています、彼氏も喜んでいるなどの声をもらっています。

 

ホスピピュアの特徴は3つです。

 

1つめは天然由来成分にこだわっていることです。

 

化学的に作った成分は肌に刺激を与える心配があります。アットベリーはできるだけ天然の成分を活用しています。ローズマリー・ニーム葉・スギナなどの植物成分がぎゅっと凝縮されています。

 

 

2つめの特徴は保湿にこだわっていることです。

 

黒ずみの敵は乾燥です。アットベリーにはスクワランとシアバターが配合されています。スクワランが肌の内側に潤いを与え、シアバターが表面をコーティングして外側を潤します。

 

 

3つめはメラニンにアプローチをすることです。

 

アットベリーは美白成分としてトラネキサム酸を配合しています。メラニンを生成するメラノサイトに働きかけて、メラニンの生成を抑制します。

 

 

そして、肌への優しさを考えて5つのフリーです。パラベン・香料・着色料・アルコール・シリコンは配合していません。

 

 

判定・・・、アットベリーの勝利!

 

判定はアットベリーの勝利です。

 

アットベリーには保湿成分が6種類も配合されています。ナノ化した成分と高分子成分が配合されているので、肌の内側と外側を同時にケアしてくれます。一方、ホスピピュアに配合されている保湿成分は、スクワランとシアバターの2種類です。保湿成分の配合量が違います。

 

 

肌への優しさもアットベリーの方がこだわりがあります。アットベリーは7つの成分が無添加です。それにたいし、ホスピピュアは5つの成分でアットベリーよりも、無添加成分が少ないです。敏感肌の方はできるだけ刺激のない製品を選ぶとよいでしょう。

 

また、アットベリーは続けやすい特徴もあります。たっぷり60g入りなので、ワキ・ひざ・ひじなどさまざまな部位を毎日ケアできます。

 

 

>>アットベリーについて詳しい情報はコチラ