【徹底検証】アットベリーVSホワイトラグジュアリー|買うならどっち!?

【徹底検証】アットベリーVSホワイトラグジュアリー|買うならどっち!?

 

ワキや二の腕などの黒ずみ・ぶつぶつは毎日根気よくケアを続けることで改善する可能性があります。今使っている化粧品でケアをしてもよいのですが、黒ずみ対策用の化粧品を使用すればさらに効果的です。黒ずみをケアする化粧品が、「アットベリー」と「ホワイトラグジュアリー」です。どちらの化粧品も多くの方に喜ばれています。では、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

 

 

アットベリーはこんな商品

 

アットベリーの特徴はトリプルサンド方式を採用していることです。

 

黒ずみができている肌は、肌の力が低下をしています。そのため、外側からだけ、内側からだけのケアでは不十分です。アットベリーは内と外からケア、さらに保護までします。黒ずんでいる肌は角質が厚くゴワゴワしているため、美容成分画浸透しにくい状態になっています。そこで、内側をケアするために成分をナノ化しています。

 

肌の外側は高分子成分が集中的にケアをします。分子が大きな成分は肌表面にとどまって外側をケアします。黒ずんでいる肌はバリア機能が低下をしています。バリアが弱くなっていると、外部の刺激に敏感に反応をして黒ずみの原因になります。バリア機能の代わりをする成分が、セラミドやエラスチンです。肌のバリアのように働いて外部刺激から守ります。

 

 

アットベリーは美容成分を高濃度配合、97.8%が美容成分です。たっぷりの潤いが内側と外側をケアします。しかも、容量はたっぷり60gです。たっぷり入っているので、ワキ・膝・ひじなどさまざまな部位の黒ずみ対策に役立ちます。使っている方からは、ノースリーブが着られるように、気にならなくなってきたなどの声をもらっています。

 

 

ホワイトラグジュアリーはこんな商品

 

乳首ケアもできるクリームがホワイトラグジュアリーです。

 

ホワイトラグジュアリーの特徴は、「スーパーVCT」という独自処方をしていることです。生・水溶性・油溶性の3種類のビタミンCを配合して肌の奥にアプローチをするものがスーパーVCTです。配合している3種類のビタミンCは、それぞれ働く場所が違います。生ビタミンCは肌表面に、水溶性や油溶性のビタミンCは、肌の奥の角質層や基底層にまで到達をします。

 

角質層にまで到達する化粧品は数多くありますが、黒ずみの原因となるメラニンの生成は基底層で行われるので、角質層にまでしか到達しない化粧品では変化が期待できません。ホワイトラグジュアリーは、肌の奥の基底層にまで到達をします。

 

美白成分は7種類を配合しています。厳選した7種類の成分が黒ずみに働きかけます。使用した方からは、乳首の色が薄くなってきた、この商品に出会えてよかったなどの声をもらっています。

 

 

判定・・・、アットベリーの勝利!

 

では、どちらがよいのでしょうか。判定はアットベリーです。アットベリーがおすすめの理由は2つあります。

 

1つめは保湿成分を配合していることです。

 

乾燥は黒ずみの原因です。肌が乾燥をしていると刺激に敏感になり、メラニンの生成が促されてしまいます。また、ターンオーバーが遅れるので黒ずみ解消が難しくもなります。アットベリーには6種類の保湿成分が配合されています。しかも、内側と外側から潤いで満たします。それに対し、ホワイトラグジュアリーが配合している保湿成分は、アットベリーよりも少ないです。

 

 

もう一つの理由は価格です。

 

黒ずみを改善するには根気よくケアを続ける必要があります。毎日続けるならお得に購入をしたいと思いませんか。アットベリーは定期購入をすると45%オフの2980円(税抜)で購入できます。ホワイトラグジュアリーは定期購入でも5980円(税込)でアットベリーよりも高いです。価格が安い方が毎日ケアを続けやすいことでしょう。