【徹底検証】アットベリーVSミネラルボディシャインジェル|買うならどっち!?

【徹底検証】アットベリーVSミネラルボディシャインジェル|買うならどっち!?

 

つり革につかまるのに勇気がいる、臭いを気がつかれないか心配、黒ずみやブツブツが恥ずかしい、こんな悩みがありませんか。黒ずみ・ブツブツで悩む方をサポートする化粧品が「アットベリー」と「ミネラルボディシャインジェルです。どちらも高い評価をもらっているのですが、買うならどちらがよいのでしょうか。

 

 

アットベリーはこんな商品

 

黒ずみの原因は乾燥と刺激です。肌が乾燥をすると、外部刺激に対抗する力が低下をします。わずかな刺激にも反応をしてしまい、メラニンの生成が促されます。カミソリや毛抜きでのムダ毛処理、衣服の摩擦などの刺激もメラニンの生成を促進する原因です。

 

では、どのようにケアをしたらいいのでしょうか。その答えはトリプル方式です。アットベリーのトリプル方式は、3つのステップで黒ずみに悩む肌をケアします。アットベリーにしかできない独自のケア方法です。

 

ステップ1は内側ケアです。固くゴワゴワとした黒ずみ肌に、ナノ化した成分がスーッと浸透をします。

 

ステップ2は外側ケアです。高分子ヒアルロン酸など分子が大きな成分が肌表面にとどまって、外側から潤いを守ります。

 

ステップ3は保護です。黒ずみに悩んでいる肌は、バリア機能が低下をして外部刺激に敏感になっています。セラミドやエラスチンなどの成分がバリアの役割をします。

 

 

アットベリーは美容成分を高濃度配合しています。美容成分を97.8%配合をしています。プラセンタやグリチルリチン酸2Kなどの美白成分、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分、アロエエキスやクララエキスなどの植物成分など、18種類もの成分が配合されています。

 

しかし、黒ずみをケアする成分を配合していても、刺激を与える成分が配合されていては、刺激によって黒ずみが悪化をする心配があります。そこで、アットベリーは肌への優しさも考えました。アットベリーは紫外線吸収剤・シリコン・着色料など7つの成分が無添加です。

 

 

ミネラルボディシャインジェルはこんな商品

 

紫外線に気をつけていても、うっかり日焼けをしてしまうことがありませんか。洗濯もの干しやゴミ捨てなど、ちょっとした時間外にでるだけでも紫外線の影響を受けています。また、日焼け止めで防いでいるつもりでも、汗や摩擦で取れてしまって紫外線から守れていないこともあります。

 

そんなうっかり日焼けや黒ずみをミネラルボディシャインジェルがケアをします。

 

日焼けをしてしまうと肌の悩みが残りますよね。日焼けによる肌の悩みには、ゲンチアナ根エキスやカンゾ根エキスなどが働きかけます。そして、残す前のケアも大切です。APPSやプラチナナノコロイドなどが跡を残す前のケアをサポートします。

 

できてしまった黒ずみや色素沈着は、新安定型ハイドロキノン・オウゴンエキス・プラセンタなどがケアをします。なんと、ミネラルボディシャインジェルには27種類もの美容成分が配合されています。

 

そして、敏感肌のことを考えて肌に優しいことにもこだわっています。鉱物油・合成着色料・アルコール・パラベンは不使用です。

 

 

判定・・・、アットベリーの勝利!

 

判定はアットベリーの勝利です。アットベリーが勝利の理由は2つあります。

 

1つめは肌への優しさです。

 

黒ずみで悩んでいる肌は、肌の力が低下をして敏感になっています。刺激がある成分を使用すれば、黒ずみが悪化をする可能性があります。アットベリーは7つの成分が無添加なのですが、ミネラルボディシャインジェルは4つの成分です。アットベリーの方が肌への優しさを考えています。

 

 

2つめは価格です。

 

黒ずみケアは毎日続けることが大切なので、続けやすい価格であることも大切です。アットベリーは定期購入をすると初回が45%オフの2980円(税抜)になるのですが、ミネラルボディシャインジェルは定期購入はなく、通常購入だと5940円(税込)になります。

 

 

>>アットベリーについて詳しい情報はコチラ