【徹底検証】アットベリーVSヴィエルホワイト|買うならどっち!?

【徹底検証】アットベリーVSヴィエルホワイト|買うならどっち!?

 

脇・二の腕・デリケートゾーンなどの黒ずみやブツブツに悩んでいる方をサポートする化粧品が、「アットベリー」と「ヴェルホワイト」です。どちらの化粧品も好評価を得ていて、多数の雑誌に紹介されています。どちらも魅力的な商品なので選ぶのに迷ってしまうと思いますが、買うならどちらがよいのでしょうか。

 

 

アットベリーはこんな商品

 

「前向きになれた」「きれいになってきた」こんな声をもらっている化粧品がアットベリーです。93.1%の方が満足をしています。

 

黒ずみの原因は、脱毛、下着の摩擦、ムレなどです。これらの刺激でメラニンが生成されて黒ずみになります。そして、ダメージを受けた肌は乾燥をして弱っています。だから、黒ずみをケアするには内側と外側から同時にケアをして、与えた美容成分を守ってあげる必要があります。

 

 

アットベリーは内側と外側から同時にケアをしてベールで肌を保護する「トリプル方式ケア」を採用しています。黒ずみ・ブツブツに悩んでいる肌は角質層が厚く、美容成分が浸透しにくい状態になっています。そこで、美容成分をナノ化しています。ナノ化したヒアルロン酸などが内側をケアします。

 

与えた美容成分は外側をケアして閉じ込めます。高分子ヒアルロン酸など分子が大きい成分が潤いを守ります。そして、セラミドやエラスチンなどが肌バリアの役割をし、外からの刺激から守ります。配合している美容成分は全18種類です。5種類の美白成分、6種類の保湿成分、5種類の植物成分、2種類の臭いケア成分が、黒ずみや臭いをケアします。

 

そして、敏感肌でも使えるように肌への優しさにこだわっています。アットベリーは着色料・シリコン・紫外線吸収剤・石油系界面活性剤・鉱物油・アルコール・パラベンは使用していません。

 

 

ヴィエルホワイトはこんな商品

 

「スベスベ肌になった」「気になっていた部位がきれいに」こんな声をもらっている化粧品がヴェルホワイトです。93.7%が満足をしています。

 

黒ずみをケアするには、美白成分と潤い成分を与えることが大切です。美白成分はメラニンに働きかけ、潤い成分が弱った肌をサポートします。

 

ヴェルホワイトは3種類の美白成分と11種類の保湿成分を配合しています。3種類の美白成分とは、トラネキサム酸・アルピニアカツマダイ種子エキス・党参抽出物加水分解液のことです。これらの成分がメラニンの生成を抑制して黒ずみを予防します。

 

保湿成分には、トリプルヒアルロン酸・エクトイニン・アマチャズルエキスなどを配合しています。11種類もの成分がぎゅっと凝縮されています。ヴェルホワイトはプッシュ方式にこだわっています。ジェルやクリームは直接手で容器の中身に触れるので、手に付着している雑菌が容器の中に混入して不衛生です。プッシュ方式なら直接手で触れないので、清潔に保つことができます。

 

そして、肌への優しさにもこだわっています。ヴェルホワイトは着色料・紫外線吸収剤・シリコン・動物原料・パラベンは使用していません。

 

 

判定・・・、アットベリーの勝利!

 

おすすめはアットベリーです。アットベリーがおすすめの理由は2つあります。

 

1つめは配合成分が多いことです。アットベリーは18種類の成分を配合しているのに対し、ヴェルホワイトは14種類です。さらに、アットベリーには保湿成分・美白成分の他にも臭い対策成分も配合されています。ワキやデリケートゾーンは、黒ずみだけでなく臭いも気になりますよね。アットベリーなら黒ずみだけでなく、臭いケアも同時にできます。

 

2つめの理由は容量です。黒ずみケアは毎日続けることが大切です。毎日使うならたっぷりと入っていた方がうれしいですよね。アットベリーはたっぷり60gです。一方、ヴェルホワイトは30gです。

 

 

>>アットベリーについて詳しい情報はコチラ