【徹底検証】アットベリーVSロコシャイン|買うならどっち!?

【徹底検証】アットベリーVSロコシャイン|買うならどっち!?

 

乾燥しやすく角質が分厚いワキの黒ずみにアットベリー

 

ワキの黒ずみやぶつぶつ肌に期待できるのがアットベリーです。

 

アットベリーはキレイなワキを目指すために、外と内側からのケアができるクリームです。美白成分としてプラセンタ、グリチルリチン酸2K、甘草フラボノイド、トウキエキス、エイジツエキスが配合されています。そして保湿成分としてはセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、トレハロースです。さらに肌のための5種類の植物成分です。

 

黒ずんだワキというのは角質が分厚くなっていますので通常の化粧品では浸透が悪いです。アットベリーは浸透性コラーゲンとオリゴヒアルロン酸をナノ化させているため、角質層までしっかりと浸透して肌を内側から潤してくれます。

 

また肌表面で働くのは高分子ヒアルロン酸です。大きな粒子のヒアルロン酸が肌表面に留まって、表面をケアします。そして一番外側ではセラミドやエラスチンのような保湿力の高い成分がバリアを作ります。乾燥しがちな肌を乾燥から守ってくれます。

 

日本製で、成分も低刺激で肌に優しいものにこだわって作られています。使用した人の93.1%の人が使用感に満足していて、悩み解決の実感も85.9%の人が実現しています。

 

 

乾燥しがちなひざ・ひじの美白に期待できるロコシャイン

 

ロコシャインはひざの黒ずみ対策に期待できる美白セラムです。ひざ用とは言いますが、ヒザ・ヒジ以外の黒ずみでビキニラインにまで使うことができます。

 

ひざやひじのような関節というのは、皮脂腺と汗腺が少ないため、保湿力が低く常に乾燥しやすいのです。そのため何もしなければがさがさと角質が分厚く硬くなってしまいます。

 

ロコシャインはそんなひざやひじを保湿しながら美白できるセラムなのです。使用されているのは7種類の美容成分のヒアルロン酸、プラセンタ、ユリエキス、コラーゲン、バイオアンテージ、サクラ葉エキス、グリチルリチン酸2Kと、9種類の天然植物由来成分です。

 

まずしっかりと保湿をして、摩擦刺激を受けやすいひじやひざを守るバリアを作ります。そして美白成分が、メラニン生成と成長をブロック、メラニンをくつる酵素に働きかけます。

 

デリケートな肌でも安心して使える無添加で、日本製で医薬部外品ですので安心感がありますし、効果にも期待できます。使用された人の85.1%は3ヶ月以内に黒ずみが薄くなったと回答していますし、93.3%は肌がすべすべになったと感じています。

 

 

買うならどっち?金額とオトク度から選んでみました

 

ではロコシャインとアットベリーでは買うならどちらがいいのでしょうか?

 

金額面から考えて観ましょう。

 

 

ロコシャインは1か月分が50ml入りです。通常価格では7,900円ですが、定期コースだと最初の1ヶ月が送料無料の4,800円になります。さらに300名限定で初回だけ3,480円になります。継続して使うほどお得で、2,3回目は4,800円ですが、4回目以降は4,320円です。最低3回の購入ですので、13,080円です。

 

 

アットベリーは1か月分が60g入りです。通常価格では5,440円ですが、定期コースなら送料無料の2,980円です。2回目以降は5,440円ですが、奇数月にはフルーツの雫ピール石鹸もプレゼントされます。さらに継続なら最大で40%にまで割引されるんです。こちらは最低2回の購入ですが、3回継続した場合には13,860円ですからロコシャインと同じくらいの金額ですね。

 

 

実はアットベリーの奇数月のおまけについてくる石鹸がかなりオススメなのです。フルーツ酸のAHAが配合されているのですが、古い角質を落としてくれるんです。アットベリーを使って潤って柔らかくなった肌の角質除去を助けてくれるので、より黒ずみ改善にも期待できます。黒ずみが気になる所にピンポイントで使える石鹸です。

 

 

そしてまた安心して使えるポイントとしては返金保証の違いです。ロコシャインは25日の返金保証なのですが、アットベリーはなんと180日間の返金保証つきです。実際、黒ずみの改善というのは効果が現れるまでに2,3ヶ月はかかるものです。肌のターンオーバーは健康な肌で28日と言われていますので、25日ではまだ実感できるかどうか分からないくらいです。180日もあれば効果があるかどうかしっかり使いきって判断することもできますね。

 

キャンペーンが適用されるのは、公式サイトからの注文のみです。

 

ですから長く使って効果を試したいなら、石鹸もプレゼントでもらえるアットベリーのほうがオススメなんです。

 

 

>>アットベリーについて詳しい情報はコチラ